皮膚を診る(望診)

小児の背中の写真

皮膚は全身の表にあり、いわば人体の垣根である。衛気はその間を循行し、内では肺臓に合す。外邪が体に侵入する時、皮表が真っ先に攻撃の矢面に立つ。また、臓腑気血の病変も経絡を通じて肌表に反映する。したがって望皮膚によって、邪気の性質、気血津液の盛衰、臓腑の虚実どなの病症を判断できる。

望皮膚の内容は、その色沢・形態・病症に分けられる。

<色沢>

主な皮膚の色沢は五色ある。

赤色

皮膚が丹に染まったように赤くなり、境目がはっきりし、局所が焼けるほど熱く感じられる、これを「丹毒」という。出る部位によって名称が異なる。

→​熱毒や湿熱などの熱邪が原因である。

黄色

皮膚、顔面、白目がすべて黄色となるのは、黄疸であり、陽黄と陰黄に分類される。

黒色

黄色に晦暗を帯びるものは「黒疸」といい、肝腎不足に属する。房室(子宮)労損に由来する ものは「女労病」という。

白色

局所皮膚が硬貨大に白く脱色し、境界がはっきりするものは「白殿風」といい、気血不和 、風湿侵入、肝腎不足などが考えられる。

<形態>

臨床で常見される異常な形態としては、浮腫みと「肌膚甲錯(皮膚が滋潤を失いカサカサしている症状)」が挙げられる。浮腫みは、陽水と陰水に分けられる。肌膚甲錯は、瘀血によるものである。

関連記事

コメントは利用できません。

美容・健康・ダイエット

  1. 考えている女性
    更年期障害セルフチェック! あなたの調子はどうですか? 次の症状で当てはまることはありますか? …
  2. お茶
    トライ!やってみた!某ダイエッターサポート茶の〇〇〇〇スリム茶を飲んでみた。 こん…
  3. 調子が悪い女性
    もしかして。。。 更年期障害? でも大丈夫。 あなたはこんな症状ありませんか? …
  4. 悩んでいる女性
    女性のお悩みランキングTOP10 第1位=肩こり 第2位=冷え性…

お悩み相談室

  1. 悩む女性
    37歳派遣社員Aさん(女性) ダイエットサプリやファスティングをしています。肌が荒れて、カサカサで…
  2. 怒っている イライラしている女性
     50代主婦Aさん(女性) 最近イライラが止まりません。些細なことでも夫に怒って喧嘩になってしまい…
  3. 眠そうな猫
    30代後半 派遣社員Nさん(女性) 仕事が遅く終わって、11頃帰宅すると着替えず、そのままソファで…
  4. 汗をかいている服
    40代前半自営業Cさん(女性) 冷え性でしたが、最近ほてりがひどく、汗ばむこともあります。周りの人…
ページ上部へ戻る