CATEGORY

わたしの中医学

  • 2018年8月1日

陰は身体の奥を整え、 陽は身体外を守る。

陰は身体の奥を整え、 陽は身体外を守る。 陰は身体の奥にあり、 生命の原動力、精気を貯える。   陽は身体の外のを防衛し、 筋肉を強壮させる。   陽が強すぎると、 経脈の流れが急迫になり、 ひどい […]

  • 2018年7月30日

中医学でいう病の原因

中医学でいう病の原因 中医学でいう病の原因は、 気血水のバランスと考えられています。 その中でも気は陽、血水は陰とし、 気の状態が血水の状態とも言えます。   現代医学での病のほとんどは ガン、脳梗 […]

  • 2018年7月27日

中医学から学ぶ格言

中医学から学ぶ格言 全て中医学と関連のコトバ…   肝胆相照らす(互いに心を打ち明ける)   心血を注ぐ(ありったけに力であたる)   肝心(腎)要(極めて重要)   胆を冷やす(驚き、 […]

  • 2018年7月24日

気の調整

気の調整 気は日々、消耗し無くなれば ヒトは死を迎える。   その気の消耗を抑えるには、 気の調整が必要となる。   補気…気を補う 理気…気を流す 降気…過剰な気を抑える  

  • 2018年7月21日

気血水の実虚(扶正去邪)

気血水の実虚(扶正去邪) 中医学では体を構成するものとして、 気・血・水(陰分)があると言われています。 これらは「正気」と言われ、 健康を維持するために必要なものとされています。 これのどれかが不 […]

  • 2018年7月18日

七情・六淫・労逸とは

七情・六淫・労逸とは 七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)は 各臓腑を損傷させますが、 特に心・肝・脾の三臓を損傷する病態が よく見られます。 情志の損傷により気機の昇降が失調して、 様々な病が発生し […]

  • 2018年7月15日

中医学の<肺>

中医学の<肺> 肺は宣発、粛降を主る 宣発は外、上に向かって発散すること。 粛降は内、下に下降させることを意味します。 肺は気や水を体全体へ送り、代謝されたものを下の腎や膀胱へ下降させ、大気中の清気 […]

  • 2018年7月12日

発散の薬膳〝辛〟

発散の薬膳〝辛〟 体を温めて、余分な水分や滞った気の流れを改善する。 皮膚、呼吸器を補い、大腸の働きを改善。 精神的なストレスの解消にも効果的。 心臓の働き、血行を助ける。 秋の乾燥(燥邪)から守る […]

  • 2018年7月6日

陰陽応象大論

陰陽応象大論 陰陽という法則性の下で、様々な現象が現れます。 陽気が強いと熱性が現れる。 陰気が強いと寒性が現れる。 それぞれは極点に至ると陽気は寒性となり、陰気は熱性となる。   熱性は体に痛みが […]

  • 2018年7月3日

七損八益

七損八益 ~人体の陰陽を整える~ <人体の陰陽の気は時ともに変化する> 女性は七を一紀とし、 月経が時に応じて下るので「損」 男性は八を一紀とし、 精気が豊かになってくるので「益」   七損八益とは […]

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。