男性と薬の写真

中医でのアレルギー疾患

中医でのアレルギー疾患

喘息、鼻炎、アトピーなどのアレルギー疾患は

体をとりまく環境の変化に対する働きや、

外から侵入するものを阻止する働きが

異常に反応してしまう現象。

 

中医では外部から身を守る働きを

〝肺〟が担っている。

アレルギー反応の病位は肺と考えられる。

肺は鼻、皮膚、呼吸に関係することから

肺は外敵を外に追い返す形で体を守る

免疫という防衛機能となっている。

気が瞬発的に外に向かうと咳やくしゃみとなり

水が外に向かうと鼻水や涙となる。

気血が滞ると痒みとなり、

血熱が表に過剰に集まると充血となる。

 

免疫という防衛機能の低下は

絶対的な〝体力〟の不足が原因となる。

体力の低下により、自律神経のバランスを失い、

身体の最も外側の鼻や皮膚より外邪が入り

病へと向かう。

たったの3時間でほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://myyakuzen.com/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
▶︎https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。