水中の写真

中医学の“水”

中医学の“水”とは津液(しんえき)と言われ、体内の正常な水分や水液の総称です。 津液には、滋潤・滋養作用があり、皮膚・関節・臓腑など身体のあらゆる場所に循環しています。

現代医学で言えば身体の水分代謝に関連するものです。

これらの分泌液は「五液」と呼ばれ、五臓と関係しているのです。

 

<五臓と五液の関係>

  • 肝…涙
  • 心…汗
  • 脾…涎(よだれ)
  • 肺…洟(はなみず)
  • 腎…唾(だえき)

それぞれの液が、外邪から各臓器を防衛しています。

 

  • ●涙の異常(多い、乾燥しすぎ)
    →肝の異常・疾患の可能性
  • ●汗の異常(かき過ぎる、多い、出ない)
    →心の異常・疾患の可能性
  • ●よだれの異常(多い、出ない)
    →脾の異常・疾患の可能性
  • ●鼻水の異常(出過ぎる、詰まる)
    →肺の異常・疾患の可能性
  • ●唾液の異常(少ない、乾きやすい)
    →腎の異常や疾患・疾患の可能性

最も経験が多いのは鼻水かと思われます。

鼻水が異常に多く流れる状態は、寒邪などの影響。

鼻水が黄色く詰まって苦しい状態は、熱邪などの影響。

鼻はそのまま肺へとつながります。鼻水によって外邪から肺を守っています。何らかの要因でバランスを崩した場合、その液は異常な状態になります。さらに言うと肺は免疫や体力に関連します。寒邪や熱邪でもない場合、過労や心労が過ぎると肺気が衰え、鼻水が出てしまうこともあります。

水(津液)は身体の必要な水分、液です。これらが多すぎても、少なすぎてもならず、程良くバランスが取れた状態が健康と言えます。これらのバランスを見ることよって身体の状態を見てみましょう。

 

自然治癒力・自己回復力を目覚めさせる
補完代替医療
【気功師|認定講座】はこちら
▶︎https://kikoshi.chuigaku.or.jp/

“気”はどこから生み出されるのか?
なぜ、“気”は消耗するのか?
“気”の基礎を5時間で学ぶ!
【気功Basicアドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://kiko-basic-advicer.chuigaku.or.jp/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。