贅肉をつまむ写真

中医学のダイエット、メタボリックシンドロームの改善

中医学のダイエット、メタボリックシンドロームの改善

中医学では身体に過剰に蓄えてしまう症状は「脾」「腎」が関係する。

ストレスも大きな原因となり「肝」も関連すると考えられる。

 

『肥人也…其為人也、貪於取与。』

「…肥満者、それは食事を飽くことなく貪る。」

食べすぎによって肥満となるという基本を述べている。

 

『肥人多痰、肥乃気虚也。 虚則気不運行、故痰生也。』

「肥満者は痰が多く気虚(エネルギー不足)である。」

 

虚により気が滞り、めぐりが悪くなるので痰が生じる。

『肥人湿多』…肥満者には湿が多い。「痰湿」が肥満の原因物質。

「痰湿」の生成代謝と密接に関係している臓腑は「脾」と「腎」。

「脾」は飲食物の消化・吸収・代謝、および栄養物質の生成を行う。食物の運化(代謝)を主ることで、食べ物から栄養成分を吸収し「気」「血」「水」を生成している。「腎」は人体を構成する基本物質「精」を蔵することで、成長・発育・老化・ホルモンバランス・生殖・水分代謝を主る。

 

「腎」の働きが悪くなると水分の排出がうまくいかず「痰湿」を生み出す。「脾」と「腎」は互いに助け合い正常な機能を果たす。「脾」や「腎」の機能が低下した場合や脂っこく味の濃いものを過食すると代謝がうまく出来ずに病理物質「痰湿」が体内に生じ肥満となる。

 

「痰湿」によってさらに飲食物の正常な運化作用が失われ、栄養物質が体の各部に送られないばかりか、脂肪が体内にたまり「気」「血」が滞って循環が悪くなり様々な病症が起こる。

たったの3時間でほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://myyakuzen.com/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
▶︎https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。