うつむいた女性の写真

婦人病<中医学観>

婦人病<中医学観>

婦人病とは、その名のとおり女性がかかる病です。

婦人病にはたくさん種類があり、症状も異なります。

中医学から見る婦人病を説明します。

 

婦人病とは主に次のような症状、病になります。

月経困難症、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫、不妊症、子宮脱、乳腺炎、乳腺症、膀胱炎、更年期障害、婦人科ガンなど。

 

このような女性の病は

  • 陽虚:身体を温める力の低下
  • 血虚:貧血・乾燥肌・体力の消耗
  • 瘀血:血液の滞り・血行不良

などを改善する必要があります。

女性に多く見られる冷え性の原因は

「気滞血瘀」血の滞り・血行不良という症状です。

 

不定愁訴のように自律神経の不調は、

手足の末梢血管での血流調節に影響を受け、

冷え性になる原因と考えられます。

冷え性は子宮内膜症や不妊症まで引き起こしかねません。

 

【血流が婦人病に影響】

下腹部や太腿の付け根あたりが硬く感じられる場合、中医学では血の巡りが悪くなっているととらえます。

月経が遅れる、生理痛がつらい、月経血に血塊が多い、色がどす黒く粘りがある、頭痛や肩こりなど月経にまつわる不調が多く見られます。また、舌に青紫や赤紫、あるいはどす黒い斑点が現れたり、目の周り唇が黒ずむなどの症状も現れます。

血の巡りが悪いこと(血が滞ること)を

中医学では「瘀血(おけつ)」と言います。

 

瘀血になると心身の様々な機能に悪影響を及ぼします。

特に子宮・卵巣は瘀血の影響を受けやすく、排卵障害や生理不順、人によっては子宮筋腫、卵 巣嚢腫、子宮内膜症などの原因にもなります。瘀血は生理に密接に関係し、生理不順を起こしたり、逆に生理不順で古血がうまく流れないことが瘀血になることにもつながります。

瘀血状態になると

  • 生理時に黒い血の塊が出る
  • 重度の生理痛
  • イライラする、怒りっぽくなる
  • 顔色が黒っぽい
  • 歯ぐきが黒っぽい
  • あざができやすい
  • にきび、吹き出物
  • PMS

 

中医学では生殖機能やホルモンに関わるものは「腎」と考える。

「腎」は人の成長や発育促進、性行為、妊娠、出産などの生殖機能、若々しさを維持する生命エネルギーのもととなる物質である「精(せい)」が蓄えられています。

「腎」の「精」が十分にあれば、女性の月経・妊娠、出産、授乳は正常に機能します。もし腎精が不足すれば、「腎虚(じんきょ)」という状態になり、不妊や閉経などの原因となります。

 

「腎虚」は「老化」のことです。

現代では老若男女問わず若くても腎虚の方が多くみられます。

腎虚」とは簡単に言うと「老化」のことで、その症状は、頭・耳・下半身に現れやすいといいます。

  • 物忘れ
  • 抜毛、白髪
  • 聴力低下、耳鳴り、めまい
  • 足腰の倦怠感、腰痛、膝痛
  • 頻尿、尿が出づらい
  • 不安症(怖がり、驚きやすい)
  • 生殖機能のおとろえ
    (不妊、精力減退、早産、流産しやすい)

大きな病や手術の後、長期にわたりホルモン治療を行っていた方にも腎虚が多く見られます。

 

<中医学での婦人病(腎虚)の原因>

  1. ストレス(頑張り過ぎ、我慢、経済)
  2. 冷え
  3. 生活習慣(休息・運動・食)

婦人病を防ぐのには主に「冷え」や「生活習慣」の改善を行いますが、最も大きな原因は『ストレス』です。

女性の体質(心身ともに)は、栄養を蓄える、収蔵する、守るというものが基礎になります。言い換えれば、ため込みやすく、滞りやすく、排出し過ぎない体質とも言えます。

心身に良い影響のあるものを収蔵するのは悪影響になりませんが、現代社会においては男性社会がメインとなっていることは否めません。男性が行う仕事のやり方、就業時間やストレスについては女性と大きく異なります。

 

<古代からの遺伝子>

男性は食料が不足すれば狩猟に出かけます。飢えるほどに感覚が研ぎ澄まされ、熱量が高まり、エネルギーが湧き、その能力は発揮されていきます。女性は家を守り子孫を繁栄するために栄養を蓄えます。男性は不安定になる程、力が湧き、女性は不安になります。

 

現代の男性社会では、女性も男性と同じような就業時間で、男性よりも多くの変化のある体調であるのにも関わらず休息も取らず、睡眠も多くない状態で「頑張る」というストレスをかけられ続けています。これが長期に渡ることによって女性の心身に負担をかけ、婦人病の原因となります。

そして、感覚も男性化し、冷えや疲れが感じにくくなり、体調よりも社会的責任を優先するようになります。身体に不調が出てきた時には病が進行していることが多くあります。

 

女性に必要な条件は以下のものとなります。

「暖かい」「豊か」「穏やか」「美味しい」「好きなこと」

心配がなく、頑張らず、我慢せず、嫌なことをしない。

そんな環境を作るために男性がその性質を生かすことによってバランスが取れていくのではないでしょうか。

 

中医学で「腎」は最も内(奥)にあると考えられます。最も外は肺と考えられ、体力や免疫があればそこで病を抑えられます。徐々に身体の奥に入ると病の回復が難しくなります。婦人病は最も奥に入っている状態なので、長期に渡って発症するか、先天的に腎精が虚弱だったと考えられます。

「腎」は身体の水の巡り、造血、髄、思考にも関わります。人間が生きていく上で最も重要な役割の働きですので、今一度、ご自身の状態、環境、生活そのものを見直してください。

 

優先順位の1番は「生きる」と「幸福」なことです。

恩や責任、社会や経済も全て健康を損ない、生命に影響が出てしまえば、何も果たせず、幸せにもなりません。何かを犠牲すること、生命を削ることは一時必要かもしれませんが、期限を決め、その結果として女性としての必要な条件を満たされるようなことは重要です。そこに長期に渡り叶わないようであれば「生命」という原点に戻り、方法を考え直した方が良いのかもしれません。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。