元気がない女性の写真

もしかして五月病?心の健康を取り戻す方法!

健康元鴻(けんこうげんこう)の
緊急中医学NEWS


中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

もしかして五月病?心の健康を取り戻す方法!

 

みなさま、GWいかがでしたか?

 

長く休みをとった事により、

普段の生活に戻る事にストレスを感じていませんか?

 

この長期のお休みでなりがちな以下症状の

解決方法をご紹介します。

 

やる気が起きない

というのは、中医学では脾の働きに関係し、

食べたものを気というエネルギーに

変え蓄えると考えられ、精神情緒に大きく関係しています。

まずは、しっかり睡眠をとり、

心身ともに休養を心がけましょう!

 

眠れない

というのは、中医学では心火が高いといわれ、

ストレスや疲労などで、上半身に熱がこもり

頭が休まらない時に起こりやすい状態です。

ホットミルクなど温かいものを飲んだり、

ふくらはぎをマッサージして、

下半身に熱を下げましょう!

 

五月病になる主な原因

連休でよく起こるのは、

心身の休養がうまく取れない事で、

普段の生活に戻る時に

また頑張ろう!という前向きな気持ちが起きず、

やる気が起きない状態になります。

 

  • もっと休んでいたい
  • 仕事・学校に行く気がしない
  • 眠いし、病んでる気がする

このような状態になる原因の一つが、

家にいる時間が長い事です。

 

普段では、

ほぼ毎日外にでて、空気を吸い、

体を動かし、働く習慣があったのに対し、

家にいる時間が急に増えると、

普段の使われるエネルギーが発散されない事で、

体内(特に上半身)に熱がこもります。

 

頭に熱がこもる、

感情的になり、考えすぎてしまう事により

ネガティブな気持ちになります。

 

また、熱がこもった状態だと、

寝つきが悪くなったり、睡眠の質を下げる事により、

さらに心身ともに負担がかかり、

血の巡りが悪く、悪循環なってしまうのです。

 

五月病を治すには?

まずはしっかり休養をとるために

睡眠をとる事が必要ですが、

熱がこもった状態ですと、

寝付く事も難しいです。

 

そのため、

熱を下げる方法としては

外にでて、軽い「ウォーキング」をするのが最も効果的でしょう!

 

家にいると、

毎日目に入るものや、触るもの、空気が

ずっと一緒のため、気持ちがが下がりやすくなります。

 

またスマホやパソコンを見る時間も増えますので、

目の疲れで眠りにくくなるだけでなく、

情報をたくさん得てしまう事で、

余計なことを考え、

不安を感じたり、~しなければ!など

自分で自分にストレスを加えてしまいます。

 

まずは、外にでて深呼吸をし、

軽く体を動かすことで

上半身にこもった熱を下げる事ができますので

気持ちを少し楽にする事ができす。

 

あとは、

美味しいと感じるものを味わって食べ、

お風呂につかって下半身を温める事で

心地よく眠りにつく事ができるでしょう。

 

そうすれば、

血の巡りが良くなり、

「やる気」という気のエネルギーが高まります。

 

心身の不調、ストレスの解消は、

中医学の基礎理論に基づいており、

少しの生活習慣や食べるものを改めることによって

改善できるのです。

健康増進・病を予防する方法を学ぶ

▼▼▼▼▼▼
【未病治診断士|養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。