中国文字

八綱弁証

表、裏、寒、熱、虚、実、陰、陽

八つの基本的な弁証綱領。

病変部位の深浅、病邪と人体反応、

正気と邪気の盛衰、病証の大別から

基本証候を解明する。

 

中医学の弁証法(診断法)の基礎。

 

表裏)人体の内外という部位の区分

表は皮膚や肌、裏は臓腑、骨髄をさす。

表に属すれば軽浅で、裏に属すれば深重となる。

外邪が表から裏に入れば病は酷くなり、

裏から表に出てくると病は軽減することを示す。

 

寒熱)身体の性質の区別

寒証…発熱、悪寒、頭身痛

四肢の冷え、温かい飲み物を欲する

尿量が多い、腹痛、下痢、体を丸めて寝る

熱症…のどの痛み、顔色赤い、目の充血

焦燥感がありじっとしていられない

口渇があり冷たい飲み物を欲する

 

虚実)正気と邪気の盛衰の繁栄を区別

邪気が盛んになれば実

精気が奪われると虚

虚証…正気が不足し虚弱症状を意味する。

気血水が不足となり、臓腑の機能低下になる。

実症…外邪が盛んで、正気もまた衰えていない

邪正闘争は激しい状態。

実症の特徴は急性に発病し疼痛がが激しい。

 

陰陽)以上の表裏、寒熱、虚実を総合した区別

裏、寒、虚は陰

表、熱、実は陽

陰虚…身体は痩せ、口と喉の乾燥、顔面紅潮、

のぼせ、ほてり、便が硬い、煩躁不安

陽虚…寒がり、手足の冷え、顔が白い

倦怠無力、息切れ、沈遅無力

 

中医ではひとつの症状を見るのではなく、

症状を総合的に分析する。

気血、臓腑、病邪などの理論を用いて

「証」を決める。

他に気血水弁証、臓腑弁証がある。

たったの3時間でほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://myyakuzen.com/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
▶︎https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。