桜の写真

中医学<肝>の障害

中医学<肝>の障害

顏色が青く、眼光に異様な光。

目がつり上がっていたり、怒りっぽい性格。

 

酸っぱいものを好む。

春になると病気が悪化することがある。

 

肝は主に『精神活動を安定させる』働き

思考・思索をめぐらせる。肝気が弱まると思惟活動が鈍り、ぼんやり、無気力になる。

 

 

肝は精神作用の内の「魂」を主宰すると定められています。

「魂」という字は気魂・精魂という語に示されるように、努力・鋭敏・果断・周到・整頓など心的作用のうちの積極的な良い方面を代表するもの。

 

物事をはじめたら徹底的にやらねば気が済まない、全てを几帳面に整頓する性格である等がこれに当たる。肝機能が異常に亢進していると、これらの特性を極端に発揮する肝症病みになります。

 

反対に肝気が衰えている人はこの方面の精神能力が欠如していると考える。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。