睡眠中の女性の写真

健康維持・ダイエットをするならまず睡眠から!その理由は…

健康元鴻(けんこうげんこう)の
緊急中医学NEWS


中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

健康維持・ダイエットをするならまず睡眠から!その理由は…

皆様、ゴールデンウィークは

いかがお過ごしですか?

 

こういった連休に起きやすいのが、

夜更かしにより、昼夜が逆転してしまい、

普段の生活に戻る時に睡眠不足になってしまうことです。

 

睡眠不足になると

どうなるでしょうか?

 

それは、

1964年にスタンフォード大学の研究により、

不眠記録の実験が行われ、

ギネスにも登録されているものが有名です。

 

被験者である当時17歳のランディー・ガードナーさんは

264時間(11日)の不眠に耐えました。

 

不眠研究者のウィリアム博士の立会いにより、

・2日目には目の焦点が合わなくなり、視力・立体感覚が低下

・5日目にはイライラ・憂鬱になり感情コントロールが難しくなり、思考力・記憶力・集中力などの脳の機能が低下し、幻覚が見え始める。

・9日目にはまとまった話ができなくなり、指は震え、無表情、眼球が左右バラバラに動く

といった、危険な状態が見られ

11日の不眠記録を残し、

その後、後遺症は残すことなく復帰された彼ですが、

明らかに人体に危険な実験だったため、

それ以降「不眠」に関する記録は乗らなくなったとのこと。

 

【睡眠不足】の調査

2002年に、カリフォルニア大学の研究チームと

アメリカがん協会が110万人を対象に

6年間にわたり、追跡調査を行いました。

 

その結果、

最も死亡率が低いのは

睡眠時間が国民の平均である6.5~7.5時間の人たちで、

睡眠時間が短ければ短いほど、

死亡率が高いことがわかりました。

 

例として、睡眠時間が3時間の人は、

6.5~7.5時間の人たちと比べて、

1.3倍死亡率が高かったとのこと。

 

睡眠をとることのメリット!

これらの行われている実験は、

何百年も前から中医学の基礎理論として

受け継がれています。

 

睡眠は人間に不可欠で

様々なメリットがありますが、

 

その効果の一つに、

からだの上部に篭った「熱」を

下に下げることができます。

 

そうすると、

気分が上がり、感情のコントロールが

しやすくなるだけでなく、

食べたものから効率的に栄養を

摂取できるため、さらに1日活動するパワーが増えます。

 

しかし、

現代では、

日々のストレスを解消できないことで、

熱が上半身に篭り、

眠りにつけない悩みを抱える方がたくさんいます。

 

数々行われている実験でも

立証されているように

睡眠不足の積み重ねは免疫が下がり、

病につながります。

 

そこに、無理な運動や食事制限、

サプリでのダイエットをすると、

免疫力の低下を加速してしまうのは、

みなさんもお分かりかと思います。

 

ではどのようにすれば、

快眠することができ、

日々のストレスを解消し、

いきいきと過ごすことができるのでしょうか。

 

そのノウハウは、

数千年前から現代まで

受け継がれている中医学に

隠されています。

健康増進・病を予防する方法を学ぶ

▼▼▼▼▼▼
【未病治診断士|養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

たったの3時間で
本当の薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって
毎日もっと幸せに!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【薬膳アドバイザー 養成講座】
https://chuigaku.or.jp/yakuzen-advicer-lp/

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。