【気】はどうやって作られる?

<健康元鴻(けんこうげんこう)のなるほど中医学!>no.17

本日のキーワードは
「【気】はどうやって作られる?」です。

人体の気は、

父母からもらった先天の精気と、

飲食物から得た栄養物質

(水穀の精気のこと「穀気」という)、

そして自然界の清気(酸素)によって作られています。

肺、脾胃、腎などの臓器の総合作用を通じて、

先天の気、穀気、清気の三者が結合されて生成されています。

 

気の生成は先天より受け継ぐものの他は、

主として後天の正常な飲食の営養と良好な自然環境に依存しています。

 

関係する内臓は腎、脾、肺が中心となっています。

これらの三臓の生理機能が

正常で協調関係を保っていれば、

人体の真気は充実するが、

腎、脾胃、肺のうち、

いずれか1つの生理機能のバランスが失調すると、

気の生成や生理機能に影響し、

気虚などの病理変化が発生します。

気の生成では、脾胃の運化が最も重要です。

人が生まれてから

飲食物の栄養によって生命を維持し、

身体は脾胃の受納と運化によって飲食物中の栄養物質を取り込みます。

「先天の精気」は「水穀の精気」で

補充する必要があるのです

 


次のキーワードは

「【元気】はどのようにしてでてくる?」

です。

次回をお楽しみに。。。

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。