稲の写真

気の病

【気虚】気の不足

元気がなく、疲れやすい。

免疫(抵抗)力が低い。

各内臓機能の低下、食欲不振、息切れ、老化促進。

冷え性、多尿、下痢痢になりやすい。

 

【気滞】気が滞る

神経過敏、胸苦しい、吐き気、腹痛、

イライラ、憂鬱、筋肉の鈍痛。

ストレス、不摂生、我慢、忍耐のし過ぎ。

自律神経失調、情緒不安定、胃腸障害、

便秘、月経不順になりやすい。

 

【気実】気がたかぶる

口が渇く、のぼせ、不眠、発熱、高血圧、

目の充血、口の中が苦くなる。

暑い環境や、活動過多、感情のたかぶり、

怒りやはしゃぎ過ぎることによってなりやすい。

 

病んでしまった気の調整は休息が効果的だが、気の状態によっては、環境・飲食・呼吸・感情の調整が必要となる。

最も重要なのは、その時の〝気〟の状態を正確に知ることである。

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。