気血水の写真

気血水の実虚(扶正去邪)

気血水の実虚(扶正去邪)

中医学では体を構成するものとして、

気・血・水(陰分)があると言われています。

これらは「正気」と言われ、

健康を維持するために必要なものとされています。

これのどれかが不足した場合(気虚・血虚・陰虚)には

補う必要があります。

これを扶正といいます。

 

気・血・水の流れが悪くなったり(瘀血、気滞)、

悪い物質(痰湿)になったりすると

「邪気」と呼ばれ、健康を害するものとなります。

 

体の外からの悪い影響(ウイルスやストレスなど)も

「邪気」と呼ばれています。

邪気がある場合には邪気を取り除いたり、

邪気を防ぐ必要があります。

これを去邪と言います。

 

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。