女性

もしかして。。。 更年期障害? でも大丈夫。

もしかして。。。 更年期障害? でも大丈夫。

 

あなたはこんな症状ありませんか?

 

イライラ・怒りっぽい。。。

 

なんだかやる気がおきない。。。

 

ほてり・のぼせ・多汗。。。

 

 

もしかしたら、それは更年期症状かもしれません。

 

更年期とは?

更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のこと。

 

40代の約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。

 

平均閉経年齢は50歳といわれていますが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。

 

閉経が近づくと卵巣のはたらきは低下し、女性ホルモンのエストロゲンの量が急激に減少します。

 

これによって更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」といいます。

 

主な症状

立ちくらみ・めまい・耳鳴り

イライラ・怒りっぽい

疲労感・倦怠感・無気力

のぼせ・ほてり・多汗・

動悸・息切れ

頭痛・肩こり・腰痛・関節痛

手足のしびれ

手足の冷え・むくみ

かゆみ・乾燥

頻尿・尿漏れ

便秘・下痢

不眠・寝つきが悪い

不安感・落ち込む

物忘れ・記憶力低下

シワ・たるみ

生理不順・不正出血

 

 

 

更年期症状が出ると

日常生活でもとても辛いこともあります。

 

今までは簡単にできたこともおっくうになったり、身体の調子が良くないことが続いたり。。。

 

でも、諦めず前向きに対処していきましょう。

 

運動・・・軽い運動→ストレッチやウォーキングなど。

 

食・・・大豆食品を多く取り入れる。女性ホルモンと似た働きをする成分として注目されているのが、「大豆イソフラボン」です。

 

更年期症状の予防・改善に効果があるといわれています。

 

また他にもタンパク質・ミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれ、女性にとても嬉しいのが大豆食品なのです。(豆腐・納豆・大豆飲料等)

 

香り(アロマ)・・・寝つきが悪い時などにはラベンダーの香りでリラックス。

 

まずは「運動・食・香り」を日常生活に取り入れて、少しづつ改善していきましょう。毎日はもっと明るく楽しくなるはず!

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。