注射と薬の写真

薬の飲む回数と量が少ないほうが健康を維持できる本当の理由

健康元鴻(けんこうげんこう)の
緊急中医学NEWS


中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

薬の飲む回数と量が少ないほうが健康を維持できる本当の理由

高齢になるにつれて

処方される薬の量は増えていく傾向にあります。

厚生労働省の調査によると、

薬局で5~6種類以上の

薬を処方されている人の割合は

65歳以上で約3割、

75歳以上では約4割にのぼるそうです。

また食後・食前・食間で、

飲む薬の量や種類が異なるため、

「すでに飲んだ」と勘違いしてしまい

病院から指定された量を服用できていない方が増えています。

そのため現代医療では、

2種類の薬を配合した配合剤を処方するなどして、

薬の飲む回数や量を減らし

飲み違いや飲み忘れを防ぐ働きがあるそうです。

ほんとうの健康を維持するためには?

処方される薬は、

人工的に作られたものです。

病院から処方される薬に対して、

成分を詳しく確認せず

服用されている方も多くいらっしゃいます。

薬には副作用があるものもありますし、

量が増えれば、内臓への負担も確実に大きくなります。

そのため中医学の観点からは、

健康を維持するためには

薬に頼り切らないこと。

重い症状でなければ、

普段食べる食材でも

回復を助ける効能があるものがたくさんあります。

重要なのは、

自分の身体の状態を知ることと、

それにあった食生活を送るための

正しい知識があるかどうかなのです。

もちろん処方される薬も

活用すべきではありますが、

知識がなく薬に頼り切ってしまうのは、

リスクが大きく、かえって症状を悪化させてしまう可能性もあります。

そのため、

ご自身や家族のためにも、

心身の状態を診断できる知識と、

それにあった食材を選べる知識があることで

未然に予防をして、健康を維持することができるのです。

たったの3時間でほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://myyakuzen.com/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
▶︎https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。