夕陽と葉の写真

中医学のよく聞く「肝気鬱結」って何?

<健康元鴻(けんこうげんこう)のなるほど中医学!>no.13

本日のキーワードは
「中医学のよく聞く「肝気鬱結」って何?」です。

 

肝気鬱結とは?

【主な症状】

  • 憂鬱、情緒不安定
  • 胸部、腹部の張り、 痛み
  • 食欲不振・口の渇き
  • 頭痛、月経不順

 

「肝」はストレスを発散させ、

精神や感情をコントロールする役割を担っています。

 

しかし、憂鬱や怒りといった

精神的なストレスを強く受けると、

この機能が低下し、
気の流れが滞ると「気鬱」の状態になり、

初期のうつ症状の原因となってしまいます。

 

また気鬱の状態が長引けば、

熱っぽい症状が現れる「熱鬱」、

血の流れが滞る「血鬱」、

脾胃の消化機能を低下させ、

食・痰・湿の停滞が起きる

「食鬱」「痰鬱」「湿鬱」といったさまざまな症状につながります。

 

【気の流れをスムーズにして早めに改善】

陰陽五行論で『肝』は春にあたります。

樹木のように伸びやかに

発散することを好む臓腑。

 

ストレスを発散し、

停滞した気の流れを改善する必要があります。

 

症状が重くなる前に

「気鬱」の段階で改善できるよう身体を調整しましょう。

 


 

次のキーワードは

<肝>のバランスが崩れる前に気づく方法!

です。

 

次回をお楽しみに。。。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。