汗ばんでいる様子の写真

汗ばむ・ほてり。がひどいあなたへ

健康元鴻(けんこうげんこう)のお悩み相談室

汗ばむ・ほてり。がひどいあなたへ

本日のお悩み相談
【40代前半自営業Cさん(女性)】

冷え性でしたが、最近ほてりがひどく、

汗ばむこともあります。

周りの人は暑くない時も私だけひとりで

汗をかいたりしてしまいます。

体質が突然変わってしまったのでしょうか?

【健康元鴻(けんこうげんこう)先生の回答】

更年期に多い症状の一つとして、
暑くない時も汗をかいてしまったり、
ほてってしまうという悩みをよく伺います。

中医学でいうと、
汗というのは「心」の働きと考えられます。

「心」は睡眠と関係があり、
熱やほてりとも関係しています。

熱のバランスが取れなくなってしまった原因は
過労、老化、精神的ストレス。

瘀血(おけつ)という血の巡りが考えられます。

まずは体を冷ますことをお勧めします。

身体の上に熱があるので下半身を温めたり、ストレッチをすること。

体が乾くコーヒーや強いお酒はお控えください。

目からの情報、光も熱が上がる原因なので、
明るすぎる部屋、スマホ、PC、
テレビなど目から入る光はできるだけ少なくするといいでしょう。


元鴻先生の講座では

病気に向かう前の状態を見出し(未病)、

健康な状態を維持し続ける方法として

普段、快適な生活を送る「養生学」をお教えしています。

▼▼▼▼▼▼
【未病治診断士|養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

▼▼▼▼▼▼
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

お悩み相談問い合わせ

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。