涙を流す女性の写真

四診(ししん)

中医で身体の状態を診断することを“証を立てる”と言う。

様々な情報を収集するため、五感を駆使して診察をすることを四診という。

  • 【望診】 目で見る(顔色や舌、身体全てを観察する)
  • 【聞診】 声や息づかいを耳で聞く、口臭・体臭等においを嗅ぐ
  • 【問診】 発病から経過、自覚症状、過去の病、遺伝などを問う
  • 【切診】 触診(身体に触れて“接”する)

中医は、望診、聞診、問診、切診を総合して病を捉えていくことが特徴。

病は発症から治癒までに様々な過程があり、非常に多くの要因が関与する。

中医学の四診を総合して病気を捉える〔四診合算〕能力があれば、臨床の実際において診断や治療に柔軟さを発揮することにつながりる。

実際の臨床では同じ傾向はあっても、全く同じ症例は無く、画一的な治療では通用しない。

中医学の実践診断法
【未病治診断士®|
養成講座】
https://chuigaku.or.jp/mibyouchi-lp/

 

中医学の基礎を修得する
【未病治Basicアドバイザー|養成講座】

https://chuigaku.or.jp/mibyochi-basic-advicer-lp/

 

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。