様々な食材

いつも食べてる食材はこんな効果!?気血水からみる薬膳とは

<健康元鴻(けんこうげんこう)のなるほど中医学!>no.5

本日のキーワードは
「いつも食べてる食材はこんな効果!?気血水からみる薬膳とは」です。

気血水からの薬膳

体内の気血水は絶えず生まれ、流れ、消耗されています。

気血水が不足したり、停滞した場合、

補気、養血、生津あるいは行気、活血作用のある薬膳を摂取することがいいでしょう。

 

内臓から薬膳を考えると、

病、症状、証は臓腑に関連しているため、

薬膳食材の帰経をよく考慮することが重要です。

薬膳はそれぞれ異なった内臓にも働きかけています。

 

 

【気に働きかける】

補気(気を補う)、気虚(気が不足)へ働きかける薬膳

気の生成に関わる脾・肺の機能を高めることで気を増やします。

<食材>

山芋、米、芋、豆、きのこ、

牛肉、鶏肉、うなぎ、えびなど

 

 

【理気(行気:気の巡りを良くする)】

気滞(気が滞る)へ働きかける薬膳

気の巡りに関わる肝の働きを高めます。

<食材>

春菊、三つ葉、ゴーヤ、ミント、レモン、

ブドウ、黒酢、梅干し イカ、あさり、しじみ、レバーなど

 

 

【降気(気の上昇し過ぎを鎮める)】

気逆(気が高ぶりすぎる)へ働きかける薬膳

上がった気を下げる肺の機能を高めます。

<食材>

そば、小麦、豆腐、セロリ、白菜、

きゅうり、ごぼう、キウイ、三つ葉、貝類、菊花、茶葉など

 

 

【血に働きかける】

養血(補血:血を補う)、血虚(血が不足)へ働きかける薬膳

血の生成に関わる腎・脾・肺の機能を高めます。

<食材>

黒ごま、黒豆、黒きくらげ、プルーン、

レーズンなどの黒色食材、にんじん、トマト、

クコの実など赤色食材、牡蠣、レバー、地鶏、ほうれん草、小松菜など

 

 

【活血(血の巡りを良くする)】

瘀血(血が滞る)へ働きかける薬膳

気の滞りや不足、熱の過剰、水の不足を改善します。

<食材>

玉ねぎ、かぼちゃ、生姜、梅干し、山椒、

わさび、シナモン 羊肉、イワシ、えび、

まいたけ、桃、みかんなど

 

 

【清営涼血(血の過剰な熱を冷ます)】

血熱(血が熱を持つ)へ働きかける薬膳

血の巡りと熱に関する、肝・心の働きを高めます。

<食材>

トマト、せり、ふきのとう、わさび、

アロエ、カシューナッツ、黒きくらげ、

レンコン、空芯菜など

 

 

【水(津液)に働きかける】

補陰(水を補う)、陰虚(水が不足)に働きかける薬膳

水の生成に関わる腎・脾の機能を高めます。

<食材>

豆腐、なす、きゅうり、しめじ、ほうれん草、

セロリ、三つ葉、大根 かに、あさり、トマト、

ごぼう、昆布、こんにゃく、バナナ、柿など

 

 

【利潤(水の巡りを良くする)】

痰湿(水が滞る)に働きかける、

余分な水を取り除く腎・脾・肺に働きかける薬膳

<食材>

海藻、きのこ類、根菜類(大根、にんじん、ごぼう)、

冬瓜、こんにゃく イワシ、さんま、緑豆、バナナなど

 

いかがでしたか?

わたしたちが普段食している食材には

健康増進、未病予防するための効果が隠されています。

 

特別な食材を手にいれる必要はなく、

いつも口にする食材の効果を理解し、組み合わせ、

美味しく食すことで、気が巡り、

体のバランスを調整でき、心身ともに健康を保ち続けられるのです。

 


次のキーワードは

「”辛さ”のメリット・デメリットとは!?発散の薬膳」

です。

 

次回をお楽しみに。。。

たったの3時間でほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://myyakuzen.com/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
▶︎https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。