様々な食材の写真

本当の薬膳とは

薬膳とは『食べる医学』私たちの心身を形成し、

生命の維持には“食べる”ことが必須となります。

 

中医学では古くから食もは全て薬「薬食同源」と考えられてきました。

 

 

食べる医学には二つの学問があります。

 

一つは食物が有する栄養成分とカロリー(現代栄養学)、

もう一つは、食物が持つ特性と薬効性(中医栄養学)。

 

薬膳とは中医学基礎理論を基に食生活の基本である季節・環境・感情・身体の状態などに合わせた個人によって異なるオーダーメイドの食の取り方を処方することです。

 

“薬膳”といえば中華料理の薬っぽいもの…

と感じられがちです。

 

街中でよく見かける「薬膳◯◯」というものがありますが、

季節や気候、個々の状態に合わせた食のはずが、いつのまにか食材が薬膳となってしまっています。

 

 

本当の中医薬膳とは?

居酒屋でも、コンビニでも、イタリアン、和食、中華、フレンチ…

全ての食が薬膳の基礎知識を得ることによって今の身体の状態に適した食をのことを言います。

たったの3時間でほんとうの薬膳を学ぶ
薬膳アドバイザーになって毎日もっと幸せに!
【薬膳アドバイザー認定講座】はこちら
▶︎https://myyakuzen.com/


一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
▶︎https://chuigaku.or.jp/kouza/

わたしの中医学の最新記事8件

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。