笑う女性

笑わない人の死亡リスクは2倍!? 最新の研究結果とは!

笑わない人の死亡リスクは2倍!? 最新の研究結果とは!

健康元鴻(けんこうげんこう)の
緊急中医学NEWS


中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

山形大学の研究結果

山形大学医学部で、

分子疫学研究「山形スタディ」に

参加した人々1万7152人を対象に、

笑う頻度と、その後の「あらゆる原因による死亡」

および「心血管疾患の発症または心血管疾患による死亡」

の関係を8年間にわたって研究。

 

対象者には、山形スタディ登録の際に

健康状態、飲酒、喫煙、運動習慣、学歴、配偶者の有無、

精神的ストレスの状態、社会参加の頻度などの情報を得て、

声を出して笑う機会がどれほどあるかアンケートしたとのこと。

 

結果、

  • 週に1回以上笑っている方が82.2%
  • 月に1回以上週1回未満の人は14.5%
  • 月に1回未満は3.3%

笑う頻度が低かったグループには男性が多く、

喫煙者や、糖尿病患者が多く、配偶者がいない人、

運動しない人も多く見られたのこと。

 

また追跡期間中に

257人が死亡に至り、138人が心疾患を患い

登録情報と笑う頻度を調査したところ、

笑う頻度が月1回未満の人々は、

あらゆる原因による死亡リスクが1.95倍になっていたとのこと。

 

心疾患のリスクに関しては、

月1回以上週1回未満群で1.62倍になっていたとのこと。

笑う門には福来たる」を改めて理解しましょう!

研究結果にもある通り、

普段から笑うことが多い人は

健康寿命が長くなる傾向にあります。

 

このことから、

心疾患や脳疾患などの生活習慣病が増加する原因は、

日頃、気楽に笑えるような精神状態で

生活習慣を送れていない方が増えている事にあります。

 

もっとスタイルがよければ…

もっとお金がたくさんあれば…

など、

何か「幸福」な状態があれば、

よく笑えるようになると思われている人が

たくさんいらっしゃいますが、

本当は、

普段からよく笑う人にしか「本当の幸福」訪れません。

 

そのためには、

普段から健康的な生活を送り

心身ともに元気な状態でいる必要があります。

 

中医学を学ぶことで、

本当の健康を送れるようになりませんか?

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。