野菜と果物の写真

野菜・果物が不足すると肝臓ガンのリスクが上昇する!?

健康元鴻(けんこうげんこう)の
緊急中医学NEWS


中村元鴻(なかむらげんこう)事務局です。

野菜・果物が不足すると肝臓ガンのリスクが上昇する!?

野菜・果物摂取量/肝臓ガンリスクの分析データ

2019年8月 “Food & Function” 誌に、

野菜・果物の摂取量と肝臓ガンになるリスクの関係を調べた

メタ分析が発表されました。

研究は、近年野菜・果物不足が懸念されている中国で行われ、

132万人と肝臓ガン発生件数 1,703件を追跡調査し、

野菜に関してのみ摂取量が多いと

肝臓ガンのリスクが低いという結果になりました。

野菜の摂取量が多い場合は、少ない場合に比べ、

肝臓ガンのリスクが39%低く

男性のみで分析すると、

野菜摂取量が多い場合に肝臓ガンのリスク50%低下していたとのこと。

野菜・果物を多く摂取]=[ガン予防]ではない!?

農林水産業の調査によると、

実は1日1人あたり野菜摂取量は

中国に比べ、日本の方が不足している状態にあります。

昭和60年と比べて平成29年では

野菜摂取量は約2割減少しており、

特に20~40歳代が不足しています。

しかし、こういった研究結果を、

あまり重要視してはいけません。

結果はあくまで結果なのです。

野菜不足]=[ガン発生率上昇
      
野菜を摂取]=[ガン予防

という考え方は何の根拠もなく、

そういった極端な考え方が身に付き、

情報に頼った生活になってしまったことで、

生活習慣病が増加しているのです。

心身の状態は人それそれであり、

一般にメディアで公開されているような

健康的な生活習慣・食習慣”は、

ほとんどの人に当てはまりません。

重要なのは、

あなた自身の健康状態を認識し、

その時の心身の状態に合わせて食や生活習慣を変える

柔軟な考え方”を身に付けることです。

あなたとあなた自身の健康を維持・増進するために

中医学を学びましょう!!!

一般社団法人国政伝統中医学協会
【認定講座一覧】
https://chuigaku.or.jp/kouza/

>健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

健康養生を実践するための中医学スクール「一般社団法人 国際伝統中医学協会」

あなたは“健康”について真剣に考えていますか?誰もがずっと元気で健康な毎日が続くと疑いません。夢や目標、将来のVISIONへ向かって仕事や責任、そして家族や愛する人のために あなたはなくてはならない存在のはずです。愛する人、愛する家族のために、予防養生・健康長寿を維持するための伝統療法、そして自然治癒力を引き出し、 活力を補うための知識と方法を修得してください。